2017.06.20更新

梅雨を吹き飛ばせ!!

第二弾は雲丹とキャビアのカッペリーニです。

ワイン

シンプルにきゅうりをミキサー回し、オリーブオイルとお塩で味付け。

さっぱりと召し上がって頂ける、これからの時期にぴったりな1皿に仕上がっています。

ワイン

流石です!!シェフ!!

というのもレシピを紐解いていきますと

キャビア(血栓の形成を抑制する働きがあり貧血に良いとされている)

うに(高たんぱくで消化にも良い。そしてタウリンも多く疲労回復に最適。) 

きゅうり(水分摂取、カリウムも多くミネラル(シリカ)も摂取できます。)

以上の事から、まさにこれから心配される夏バテ予防にピッタリですね。

女性の味方的なメニューだnyan

よし!私も、今まで以上に女性に優しくしよう 笑

 

合わせるワインはスペイン ルエダ地方のヴェルデホとの相性は抜群です。

スペインの内陸部、標高の800メートルのエリアで造られるワインはソーヴィニヨンブランに似たグリーンノートを

持っており、きゅうりの爽やかな風味(ピラジン)と合わせるとワインの果実味を引き出してくれます。

又はブラン・ド・ブランのノンドゼ(甘みを加えていない)のシャンパンなどとも良いですね。

※通常のワインよりもカロリーの低いシャンパンでさらにドサージュしていないとなると、よりカロリーも控えめだと考えられ、

女性が喜びそうだ。

勿論、下心だけではなくシャンパンの泡の食感(テクスチャー)がうにのクリーミーさをよりマイルドにしてくれるという狙いもあります。

完全にこれは初夏ですね。

日本酒ですと福岡 みいの寿 純米吟醸「バトナージュ」との相性も良いですね。 爽やかな低アルコールで食前でさっぱり冷やして合わせたいですね。

そして、日本酒に含まれるコウジ酸には、シミのもととなるメラニンをつくる酵素の働きを抑える働きもあります。

コウジ酸の他にも、細胞を活性化させて老化を防止する働きがある「フェルラ酸」という物質が含まれていることから、Wのアンチエイジング効果が期待できます。

紫外線の強い沖縄、日本酒も良いですね。

泡盛ですと今帰仁酒造の海底酒など少しヨード香がある泡盛をロックでよくかき混ぜ(混ぜて氷の溶けることにより泡盛のオイリーさを中和しライトボディーよりに持っていきたいという狙い)、テラス席 いや庭かな?!で合わせてみたいですね。

最近では、そういう食材の持つ栄養価や香りの成分、そして、ワインの芳香性も考え、よりペアリングを立体的にご提案したいなと考えております。

 

石原

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.06.18更新

梅雨を吹き飛ばせ!!企画第1弾!!!

ワイン

フォアグラ丼です。

温泉卵とバルサミコソースと合わせてのご提供となります。

私も経験不足で、フォアグラとお米を合わせてのフォアグラ丼。

初めて試食しましたがフォアグラの油分とバルサミコのニュアンス、お米の相性良いですね。

ワイン

ごはんが進む、進むnyan

ワイン...

日本酒を常温で飲みたいですね。

例えば、滋賀県の富田酒造の七本鎗 純米 八十%精米など良いですねheart

ワイン

こちらはアラカルトですと1900円(税別)

メニュービストロ3000円(税別)だとメインディッシュとしてお選び頂けます。

ディナータイムでのご提供となりますので是非、お待ちしております。

限定5食!!

石原

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.06.17更新

おはようございます笑う

本日も雨で、予報ですと明日も雨の予報となっております。

こういう日は昼からレストランで、だらだらとワインを飲むにはピッタリの天候です。笑

 

明日の父の日、日頃の感謝の気持ちを込めましてレストランでお父さんにゆっくり赤ワインでも飲んで頂くのはいかがでしょうか?

こちらのフランス ボルドーの甕(アンフォラ)熟成の赤ワインはいかがでしょうか?

ワイン

甕熟成の泡盛文化、ヨーロッパやワイン発祥の地と言われるジョージア(グルジア)でも甕(アンフォラ)(クヴェブリ)ワイン造りを伝統的にやっている地域もあります。

そういうアプローチで今回はご案内しようかと思います。

 

~以下 インポーター アストル 資料より~

シャトー・デュ・ロック キュヴェ・アンフォラはシャトー・ロル・ヴァランタンの元オーナーである エリック・プリセット氏によって2008年に購入されたシャトー・デュ・ロックの若樹から造られる カジュアルラインです。 2010年から有機栽培を実践し、2013年からはABマークの認証を得ています。 “キュヴェ・アンフォラ”という名は、同じくプリセット氏がラングドック地方に所有する “ヴィラ・サンポジア”というドメーヌを購入した際に敷地内で古代のアンフォラが見つかったことから名づ けられました。 ラベルに描かれた“トンボ”は澄んだ自然な畑と短い一生の一瞬一瞬を力強く生きる活力あふれる様を イメージしています。 醸造はコンクリートタンクにて20日間のアルコール発酵後、28~30℃で15日間の醸しを行います。 その後、4~6ヶ月間、果実味を最大限に引き出すためコンクリートタンクのみで熟成し、清澄作業 または軽く濾過し瓶詰めされます。 畑の土壌に多く石灰岩を含むため、はっきりしたミネラル感のある味わいが特徴で、 ピュアなブドウの凝縮された甘みにメリハリの効いた酸味、クリアーでありながら長い余韻が楽しめます。

 

 

こちらのワイン 通常 ワインリスト価格ですと5,500円(税別)ですが、父の日フェアーでなんと...

5000円(税別)に!!

更にスペイン産ハモンセラーノもお付けいたします。

ジャパネットたかた風〜(´-`).。oO

普段、泡盛しか飲まないというお父さんもたまには娘さんや、息子さんからのワインを飲もう!という誘い。

絶対喜んでもらえるのではないでしょうか?

石原

 

 

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.06.08更新

ワイン

ワイン会のお知らせです。

現在、6月 日本来日中の東京のソムリエ、ワインラヴァーの方々も愛してやまないフィリップ・パカレのワイン会を行います。

日時:2017年6月24日土曜日

時間:19時スタート

会費:おひとり様15,000円(税別)

内容:ワイン4~6種類とコース料理

(ワインは当初、全てブルゴーニュで行く予定でしたがコルナスやシェナスといったアイテムもありますので最終調整中です。)

※又、最初のフライヤー作成時はメインディッシュをブレス産プーレと記載しておりましたがフランスでの鳥インフルエンザの規制がますます厳しさを増し

輸入できなくなりましたのでシェフと相談し国産の地鶏も含め、こちらも現在調整中でございます。

【フィリップ・パカレとは】

~以下、輸入元 野村ユニソンHPより~

自然と生命に最大限の敬意を抱くリアリスト
「マルセル ラピエールの甥であり、プリューレ ロックの醸造長を務めた人物」フィリップ パカレを紹介する際の常套句です。しかし、様々な噂をよそに自身のワイナリーを立ち上げてから15年になろうかという今、彼の名前は、ブルゴーニュを代表する造り手の一人と同義になったのではないでしょうか。
そんな彼の原点と言えるのは、自然派ワインの祖ともいえるジュール ショヴェに師事し、寝食を共にしてショヴェの哲学やエスプリを引き継いだ経験です。ジュール ショヴェと聞いてもあまりピンとこないのが正直なところでしょうが、彼の残した哲学を受け継いでいる生産者の系譜を見ると、その影響の大きさを感じざるを得ません。酸化防止剤や農薬に頼らないでワインを造り、しかも熟成によってえもいわれぬガメイを生み出したマルセル ラピエール、ジュール シュヴェの弟子ジャック ネオポールからワイン造りを学んだヤン ロエル、その他にもフレドリック コサール、イヴォン メトラ、ジャン フォイヤールなどジュール ショヴェの残した書物から学んだ生産者は多くいます。そのジュール ショヴェ最後の愛弟子がフィリップ パカレです。彼はジュール ショヴェと6年間寝食を共に過ごし、その哲学を学びました。
その哲学を礎に、内省と挑戦を繰り返しながらワイン造りを磨き上げ、ブルゴーニュというテロワールに恵まれた土地の可能性を最大限引き出し、一本のボトルに詰めることに情熱を燃やしています。
自然派ワインの生産者には様々なタイプの人物がいます。しかし、近年のフィリップ パカレと対話を重ねていると、彼はその誰よりも「リアリスト」であり、「ナチュラリスト」なのかもしれません。

様々な造り手にワイン造りにおける目標や理想を尋ねると「その土地でしか生まれない個性の表現」と口を揃えて答えます。それでいて、各々が土地の個性を引き出そうと努力を重ねた結果、造り手の人柄を色濃く写した個性を感じるワインとなります。
しかし、フィリップ パカレの世界観はもう少しドラスティックであり、現実的です。彼はまずブルゴーニュという土地の圧倒的なまでのポテンシャルを高く評価しており、その上で、その土地の潜在能力を引き出すためには植物としてのブドウ樹そのものが重要だと考えています。さらに焦点をしぼっていくと、ブドウ樹にとって重要なのは台木であり、「根」であると。
実のところ、ここに彼が畑を所有するのではなく賃借によってワインを造るというスタイルにこだわる理由があります。
「各々の畑の個性や潜在能力は歴史が教えてくれる。ブドウ樹の姿も観察することができる。しかし、その台木や根がどういう状態であるかは、栽培し、収穫したブドウで醸造し、ワインを造ってみないと本当のところはわからない。本当に素晴らしいブルゴーニュワインを造ろうと思ったら、この大地の中の部分が決定的に重要なんだ。残念ながら後になって台木の状態が良くなかったとわかる事もある。非常に高額なブルゴーニュの畑を台木の状態を確認せずに購入・所有するのは、途方も無いリスクなんだ。」
非情なまでのリアリストであるフィリップ パカレ。と同時にこの彼の考え方は、人間の力では変えようのない部分に重要なポイントがあるということを受け入れており、ブドウ樹というひとつの生命が持つ植生こそが最も重要なのであるという、「自然」や「命」に対する最大限の敬意を抱いた姿であるとも感じられます。
そして、この自然や生命から得られた恵みをフィリップ パカレは非常にシンプルな方法で醸造していきます。木製開放発酵槽にてブドウの果皮に付着する自然酵母による発酵を行い、伝統的なブルゴーニュの小樽にて熟成させます。セラーの中で最も重要な仕事としてフィリップ パカレがあげるのが、酸化と還元の波を繰り返す熟成中のワインと対話し、その状態にあわせて適切なタイミングで最小限の処置をすること。酸化を防ぎつつも澱とワインを撹拌させるために樽ごと転がす作業もそのひとつ。一見すると奇妙なこのような作業も、緻密で多彩な科学的知識とこれまでの数多くの経験を背景にロジカルに組み立てられており、ゆるぎのないフィリップ パカレらしいワインを生み出す重要なプロセスの一部となります。
彼の師であるジュール ショヴェも
「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基づくものである。」
と語ったと言います。
常に考えることをやめないフィリップ パカレ。他のだれでもない彼だからこそ到達できる理想のブルゴーニュワインを求め、日々歩みを進めています。

 

私、石原が去年の10月からモンマルトルに入り、一番サービスした数の多いブルゴーニュワインでもあります。

独特のもやのかかったルビーの色調に熟したフランボワーズや赤系果実と鉄分も混ざった時に感じるザクロのような香り、ミネラル感、そして妖艶な麝香の

雰囲気にすっと入る口当たりは私の中でパカレのワインの共通点だと感じております。

勿論、生産者は来ませんが(笑)フィリップ・パカレの魅力やブルゴーニュワインの魅力。

そして、レストランでのお料理とワインのハーモニーの楽しさをお届けできたらと思います。

 

是非、お問い合わせお待ちしております。

 

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.06.08更新

シェフがついに脱ぎました…

 

 

 

 

 

こんにちは 

週間チューズデー編集長 石原です。

先日の試飲会の写真を美人カメラマンのお客様に撮って頂きました。

かなり、いい写真が撮れてます。

感謝としかいいようがありません。

この1週間は刺激をうける出会いが多く私自身も、いいテンションが保てています。

私たちもお客様に刺激を与えられるパフォーマンスを目指さなければ!!

ワイン

ワイン

ワイン

ワイン

ワイン

ワイン

投稿者: le Bistro Montmartre

BANTAGAVIN OKINAWA ナチュラルワインの自由なお祭り 本場のフランス語を学びませんか? ONLINE SHOP
ご予約・お問い合わせはこちら 098-885-2012
bnr_foot04_sp.jpg