2016.07.21更新

長野の畑から、また依田です。

こちらはずっと晴れ間が続いてます、雨がない(^_^;)

 

ワインぶどうは垣根仕立てが主流ですが、日本の農村らしい棚仕立ての畑もお借りしてます。

周りのほとんどのぶどう畑は、巨峰に代表される生食ぶどうの棚仕立てで、たわわに実って袋掛けされたぶどうがたくさんぶら下がってます。

一階七月

手前は乗用の草刈機、草生栽培の命綱です。

 

それに乗って刈った直後

四階1七月

今年はまだ苗木、というか台木を植えただけなので…スケスケで恥ずかし〜笑

 

伸びっぱなしの枝を誘引して、刈った草を集めて有機マルチ的に樹のまわりに、ベッドみたいにふかふかに。

四階2七月

…分かりにくいね(^_^;)

こまめに刈れれば必要ないかもしれませんが、留守中の草対策になればと思いまして。

そうそう留守といえば、コガネムシ(マメ)に葉っぱ、喰われまくってます。

四階3七月

葉っぱまでスケスケ。

…光合成ムリっす!

彼らは見つけ次第、捕殺させていただいております、ナームー( ̄人 ̄)

分からないことが多すぎるので、殺虫剤などはまだ、ヘタに撒けません。

 

上の画像の真ん中は緑枝接ぎに成功した枝。

嬉しくてとても大切に思えます。

日本ワインブーム絶頂期で深刻な苗木不足の今、あらゆる手立てで苗木を確保していかないと!です。

それなのにマメコガネめ〜

 

こっちは緑枝接ぎに成功して芽吹いてくれたとこ。

四階4七月

元気に伸びていきますように(^人^)

 

今日から4日間、山梨です。

長野の畑と並行して、栽培と醸造の研修も、毎月山梨でお世話になってます。

ワイナリーでは瓶詰め作業、畑では…ひたすら草刈の予感。

 

それではまた次回のお便りで(^人^)

よだ

投稿者: le Bistro Montmartre

2016.07.16更新

ブログも新しくなったところで!

依田は長野の畑から、ワイン用ぶどうの栽培便りも送らせていただきますm(_ _)m

今月も来させてもらえて、スタッフみんなに本当に感謝です!

 

まずはこの時期に、20日間ほどほっとかれた畑です。

二階上から

ぼーぼー♡

しかし思ってたより、苗木たちは元気でひと安心!

 

何はともあれ草を刈ります( ̄^ ̄)ゞ

二階

二階使用後

すっきり♡

 

今日の残りの時間は、伸びて行き場を失っている苗木の新梢たちの誘引、終わらず…orz

明日朝5時から再開です。

 

ベト病の予兆も見られるので、また散布もしなければならなそう。

本当はボルドー液だけの防除にしたいのですが、未熟者にはまだレベルが高いようです。。。orz

 

といった調子で…続くのでしょうか?

いつになったらここのぶどうがワインになって、モンマルトルで飲めるのでしょうか!?

気長にご期待くださいますように(^人^)

 

ではまた次回のお便りで。。。

よだけん

投稿者: le Bistro Montmartre

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

BANTAGAVIN OKINAWA ナチュラルワインの自由なお祭り 本場のフランス語を学びませんか? ONLINE SHOP
ご予約・お問い合わせはこちら 098-885-2012
bnr_foot04_sp.jpg