2017.10.24更新

ナチュラルワインなアンケート、八人目!!
インポーター「ワインダイヤモンズ」さんから尾崎さんです!
Vol.2からのご参加ですが、すご~く良い部分を埋めてくださってて…絶対にいてほしい存在ですし、ソムリエの先輩としてもカッコイイな~って思います

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.10.24更新

ナチュラルワインなアンケートん~七人目!
インポーター「ヴィナイオータ」さんから…初登場!矢口さんです!!
ヴィナイオータさん、昨年は残念ながらご都合つきませんでしたが…今年は来てくれます、やった

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.10.24更新

おはようございますni

モンマルトル主催イベント バンタガヴァン YouTubeデビューしました。

良ければ見てくださいtelevision

https://www.youtube.com/my_videos?o=U

ワイン

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.10.20更新

ワイン

ナチュラルワインなアンケーとっ!!六人目^^
インポーター「サンフォニー」さんからまどかさんですheart3heart3heart3
まどかさんもVol,1からご参加…皆さん変わらず毎年沖縄に来てくれてありがとうございます

まどかさんから届いた情熱アンケート!
こりゃぁ…前置きなしです!まずどうぞ^^
Q.1 なぜワインを生業として選ばれたのですか?きっかけは何でしたか?
A.1 「6年前フランスに留学をしていたときに近所にあった酒屋さん(カーヴ)がたまたま自然派のワインを多く取り扱っており、よくそこに生産者が訪れてきていました。
そこの店主オリヴィエさんは、現在自然派のワインの生産者で知らない人はいないくらい皆に愛されているカーヴィストでした。
生産者を招いては、たびたび食事会などを催していたので興味をもった自分にも声がかかるようになり幾度と生産者と一緒に飲む機会に恵まれました。今思うと、とても有意義な体験でした。
グラムノンのマダム(ミシェル)やギィブルトン、フィリップバレット、ジュリーバラニー、ジュラの鏡さんなど。。。彼らと身近に会話をし彼らの貴重なワインを思う存分いただけた。
そして当時その酒屋で働いていて誰よりも興味深く生産者に質問をしていた飲み仲間のひとりが後に生産者となりました。今回バンタガヴァンにも出展をするワインを造るオリヴィエコエンです。当時、冗談で言っていました。わたしが日本に帰ったら、あなたのワインを輸入してあげるね!(えらそーに)
そんな仲間たちと、たびたびサロン(フランス各地で開催される試飲会)に出向くようになったとき、伊藤(現在のボス)や竹下(サンフォニーの代表)エノコネクションのスタッフと出会います。本当に魅力的な仕事だと思いました。
もしかしたら思っていたことが叶うかもしれない。そう思ってアタックしました。「雇ってください!」
サロンで会った伊藤ははじめ言いました。「嫌だよ」。でも粘り勝ちです。わたしはこうして今大好きな仕事ができています!(笑)
自分が与えてもらった幸せを。ワインという魔法の飲み物の魅力を。沖縄の皆さまにお伝えしていくことが、わたしに魅力を教えてくれた人達への恩返しだと思っています。」
Q.2 最初からナチュラルワイン党でしたか?もしそうではなかったのであれば、始めはどんなワインが好きでしたか?
A.2 「二十歳の時(つい数年前)にアルバイトをしていた先に宗像さん(現飯田橋メリメロオーナーシェフ)と植村さん(モンマルトルシェフ)がいてほぼ最初からナチュラルワインを飲んでいました。(というか飲まされていた)
でも生まれて初めて飲んだワインは当時どこでも手に入ったマテウスロゼでした。小さい瓶は500円で買えました。500円で大人の気分が味わえた♪つい最近また飲む機会があり、氷をいれて飲んだら結構イケる!(笑)
次にもうマルセル・ラピエールのモルゴンです。
いつから好きになったかわからない程ナチュラルワインばかり飲んでいました。」
Q.3 なぜナチュラルワインなのですか?
A.3 「飲み疲れしないのが一番の理由です。美味しくてスルスル入っていって飲みすぎてもダメージが少ない。
あとはまつわる人達が魅力的で。。。いつも心地よく巻き込まれる。情熱がないと造り続けられないワイン。それを理解して愛していくことを決めた人達はまっすぐで魅力的なのかな?」
Q.4 ナチュラルワインの「おいしい!」以外の魅力は何ですか?
A.4 「アロマティックなところ。ときには香水にように妖艶で。ときには出汁のような旨味を感じる。とにかく飲む前からワクワクさせてくれる香りも魅力です。」
Q.5 なぜ沖縄なんですか?
A.5 「モンマルトルがあるから。モンマルトルの植村シェフと奥様のこまちゃんと出会ったのは20年以上前のことです。そう考えると凄い縁だな~と。。。お互いにいろんな経験をして今またご一緒できる機会を与えてもらって本当に嬉しい。
植村ご夫妻が沖縄で自然派ワインの魅力を広めたいと尽力されていることに協力できて感無量です。」
まどかさん、ありがとうございます!
画像のお髭ムッシュが、バンタガヴァンにも出展してもらうオリヴィエ・コエンだそうです!畑の雰囲気もいい感じ~

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.10.20更新

ワイン

ナチュラルワインなアンケートっ!四人目♡
インポーター「ヴォルテックス」さんから立野代表です!
立野さんにももちろん!2014年のVol,1から参加してもらってます!!
ヴォルテックスさんのワインはというと…生産者とそのワインを紹介してくださる、まさに立野代表の人となりが物語ってると、私は感じます。
伝わるはずです…ではどうぞ!
Q.1 なぜワインを生業として選ばれたのですか?きっかけは何でしたか?
A.1 「正直に告白しますが、ある会社に勤務していた20年ほど前に、業務命令である日突然にワイン担当へ配置換えされたことです。その時点では、この仕事を自ら選択したわけではなかったのです。
質問の意図からは少し外れますが、当時の私は、ワインどころか酒への関心は全くありませんでした。それどころか、むしろ嫌いだったとお伝えする方が正しいですね。それは、私が下戸だったからです。」
Q.2 最初からナチュラルワイン党でしたか?もしそうではなかったのであれば、始めはどんなワインが好きでしたか?
A.2 「当時は、ナチュラルワインはおろか世界中でどのようなワインが生産されているかさえ、あまり詳しく知りませんでした。最初はボルドーやブルゴーニュにばかり目を向け、無名な産地や生産者に対してはまるっきり関心がなかったのです。型どおり、ですね。
下戸でしたが、仕事だったので高級なものも含めて色んなワインを飲みました。しかし、やっぱり美味しくないなと感じていましたし、飲むことが苦痛でした。
そのような私ですら、DRCのリシュブール1991には極めて深い感動を覚えました。私にとっては衝撃的なことで、これが私のワイン観を変えるきっかけとなったと思っています。
しかし、心底ワインに興味を覚えただけではなくナチュラルワインへ方向転換し、結局は借金までして会社を立ち上げることになる、そのきっかけとなったワインは、ダール エ リボのセルプランタン1995です。
ブドウをそのまま絞って瓶に入れただけのような味わいで、それまで自分が飲んできたあらゆるものとまるっきり異なるスタイルでしたから、ひっくり返りそうになったことを記憶しています。」
Q.3 なぜナチュラルワインなのですか?
A.3 「酒に弱い私が飲んでも、それなりに美味いと感じて心地よく酔えるものにナチュラルワインが多かったからでしょう。
アルコール耐性の強い方にはご理解いただきにくいでしょうが、弱い人にとっては、「美味いけれど飲めないな、飲んだら気持ち悪くなりそうだな。」ってワインがあるんです。
また、私たちが扱う類いのワインは、素材がむき出しになっていると思っています。料理も同じでしょうが、素材の質を超えるものを造ることなど不可能ですよ。
故に、いかにして最良のブドウを用いるか、生産者の作業はほぼこの1点に注力されると言っても過言ではないはずです。
そこがはっきり伝わるものが多いのも、私がナチュラルワインを好む理由です。」
Q.4 ナチュラルワインの「おいしい!」以外の魅力は何ですか?
A.4 「最大の魅力は、意外性です。長い時間を要しますが、予想の範囲を大きく超えてワインが全くの別物に変化するケースが多々あること。それは、毛虫が蛹を経て蝶になるのと似ている。
予想もしない深い感動を味わうことができる、これがナチュラルワインは素晴らしいなと思えるところです。
その他のワインにも素晴らしいものが沢山ありますが、結局は想定内ではあります。あくまでも、私においてはですよ。」
Q.5 なぜ沖縄なんですか?
A.5 「だってバンタガヴァンが沖縄で開催されるから。ご当地の皆さんの、びっくりするほど飲みっぷりが良いところが好きです。北海道で生まれ人生の長い期間をそこで過ごしたので、南国の島に対する強い憧れもあります。沖縄でナチュラルワインが当たり前に飲まれるような日が早く訪れるといいな、と心から思っています。」
立野さん、ありがとうございました!
※画像は2015年に開催したVol,1.5の立野さん
このアンケートの方が人生を賭して届けてくださるワインたちが当日並びます!
飲んでみたく、ならないわけないですよね??
来る価値ありです、今年のバンタガヴァンも!
次回は、立野さんの盟友…と私は勝手に認識している、こちらももちろん大物!お楽しみに^^
A.3に心震えました、よだけん

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.10.14更新

ワイン

こんばんは!

毎月のワイン会、いよいよ明日でございます。

今回はアルザス!

どうですかこのメインのルネミューレ クロサンランドランのマグナムボトル2003年!!

リースリングボトルのマグナム(1500ml)見た目もかっこいい!

お席に空きがございますので、明日お時間のある方宜しくお願いいたします。

石原

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.10.09更新

おはようございます。

毎月開催のワイン会のご案内です。

今月のテーマはアルザス。

乾燥した気候、そして様々な土壌から生まれる豊富なスタイルのワインに個性豊かな生産者たち。

リースリングから始まり
ゲヴュルツトラミネールとフォアグラのコンビネーションや
メインのワインはルネミュレ  クロサンランドラン 03年 ピノノワールのマグナムボトルをご用意しております。
是非、この機会にモンマルトルのワイン会を体感してみてください。

提供予定ワイン
1.ジェラール・シュレール リースリング キュヴェ・パルティキュリエール 14年

2.マルククライデンヴァイス カステルベルグリースリング 03年 

3.マルセルダイス ゲヴェルツトラミネール 13年 

4.ルネミュレ ピノノワール クロサンランドラン 03年 (マグナムボトル)

時間:18時30分スタート
会費:12000円(税別)
内容:お食事(コース料理)とワイン4種類のペアリング

  ワイン

 

投稿者: le Bistro Montmartre

2017.10.03更新

こんにちは。

石原です。

実は水面下で毎月、第2日曜日のお昼12時からお食事とワインと簡単なうんちく集セミナーという内容でワインスクールを開催しています。

今回は、第2回目になりますが、10月8日日曜日を予定しておりますが現在キャンセルなども出まして5席空きがございますehenamida

第1回目は簡単なワインセミナー(ワインのカテゴリー、ご家庭での保存方法と傷んだワイン(ブショネ)の確認)、オーソドックスなマリアージュ(ガスパチョとロゼ、パテ・ド・カンパーニュとオレンジワイン、牛サーロインのグリルとカベルネソーヴィニヨンの相性)などお料理とワインが同調するようなマリアージュを体験して頂きました。

第2回目の内容ですが、シャンパーニュとプロセッコの飲み比べ、甘口ワインとブルーチーズ、お肉と白ワイン、魚介と赤ワインなど対極の相性を体験して頂くようなお料理とワインをご用意しております。

お昼ですし、セミナーの内容もワインを好きになって頂けるきっかけになればいいなと思っていますので全然ワインを飲んだことのない方大歓迎です。

お気軽にお問い合わせください。

石原

ワイン

投稿者: le Bistro Montmartre

BANTAGAVIN OKINAWA ナチュラルワインの自由なお祭り 本場のフランス語を学びませんか? ONLINE SHOP
ご予約・お問い合わせはこちら 098-885-2012
bnr_foot04_sp.jpg