2017.06.14更新

今年一番の衝撃はこの造り手さんのワインでした。(あと半年あるけどね)

僕をこのワインと出逢わせてくれたのは、大阪東心斎橋にある“お好み・葡萄酒”のお店さん。

目印はこちらの提灯さん(写真右)。『にこらしか』さん。なんと当主の若江さんは昨年のバンタガヴァンに助っ人として来て下さっていました!という縁もあり春先にお邪魔してきました。

にこらしか

その際、僕のソウルフード=お好み焼きと素敵なあてと共にグラスで何種類も飲ませて頂いた中、最後に出して頂いたのが“ル・マゼル”でした。

 

圧倒的な凝縮した果実味が押し寄せ、今まで感じたことのないフレッシュで複雑な余韻、酔いが醒めるとはちょっと違うハッとさせられるような不思議な感覚。

 

それ以来、これは仕入れるチャンスがきたらざんじ仕入れちゃろうと思うちょりました。

チャンスきました。

このヴィンテージ、またロゼ、赤は飲んでいませんが、型破りに美味しいであろうことは容易に想像できます。

ぜひ、お試し下さい!

le Mazel 3

左からル・マゼル

direVdF レ・レッシェ 2009 白 4600yen 3本

direVdF マゼル・ローズ 2014 ロゼ 2900yen 3本

direVdF ラルモンド 2006 赤 4100yen 3本

 

どれもばっちり飲み頃を迎えていそうです。

ソムリエ 中森しゅう

投稿者: Montmartre bis

2017.06.11更新

さる6/4(日)に開催いたしましたbis Wine Club vol.4 店頭社交的ワインの試飲会のご報告をば。

テーマは~自然派ワインのインポーター ラヴニール代表大園さんをお招きしての試飲会~

 

2月から始めたbis Wine Club、回を増すごと有り難いことにお客様も増え

少しづつ自然派ワインファンが増えてきているように実感しています。

 

今回は自然派ワインのインポーター・ラヴニールより代表・大園弘さんという

超ド級の大物ゲストをお迎えするため、場所を手狭なビスから、姉妹店のビストロに移して開催しました。

試飲ワインの種類はいつもの倍以上、そして大園さんによる自然派ワインのセミナーも同時開催!

という非常に濃い内容(という自負)の試飲会を開催することが出来ました。

 

ご参加下さったお客様、一緒に盛り上げて頂き誠にありがとうございます!

お忙しくて来れなかったお客様、またこのような試飲会を企画して参りますので、次回こそはぜひお越し下さいませ。

 

ご参加頂いたお客様から素敵な写真をたくさん頂きましたのでこちらで紹介したいと思います。

大園さん

そのワインが今ここにある、それはインポーターさんの情熱のたまもの。

大園さん2

大園さん。キリッとしたかっくいぃ紳士でした。

ワインボトル 試飲会 bis Wine Club vol.4

どのワインも好評♪ スタッフも隙を盗んで頂きました、謝謝。

試飲会 大輝さん

スペインの白"アルタ・アレーリャ パルヴュス"はピシリ!と酸が利いていて暑い日にピッタリ!

大園さん試飲会3

熱のこもった説明には、皆様聞き入っておられました。 

ラヴニール試飲会

産地はスペイン~スロヴァキア~フランス。タイプは泡~ペティアン~オレンジ~ロゼ~白~赤。多様なワインがズラリ♪

大園さん

23種類、いつもの試飲会でもこれくらい開けてみたい♪

0604ワイン

『集合』写真に写っていない

店長 中森周

投稿者: Montmartre bis

2017.06.10更新

ブルゴーニュ自然派のトップネゴシアン『フィリップ・パカレ』

高品質ネゴシアンの代名詞『ルイ・ジャド』

自然派の父と呼ばれるボジョレーの牽引者『マルセル・ラピエール』(8年間)

こんなブルゴーニュの超一流で修行してきた彼が魅せられたのは、チリ。

 

チリワインと言われるとチリ・カベに代表される重みがあって、パワフルな、そして安価な赤ワインが真っ先に頭に浮かびますが。

全くちがいます。sun

暑苦しさがなく、むしろ清涼感のある飲み腰。ブラインドで出されたら旧世界と信じて疑わないはず・・・。

 

フランス人のルイ=アントワーヌ・リュイットは2006年にドメーヌを興し、その後あの大地震で全てを失いますが、めげることなく再興。

工業的農業が圧倒的に多い中、良心的に健全なブドウを育てている農家さんからの買いブドウで造る異色、いや最先端のチリワイン。

これは“してやられた感”が半端ないです。

ピチウエケ

direアグリコーラ・リュイット・リミタダ ウアサ・デ・ピチウエケ 2014

チリ マウレ・ヴァレー / 平均樹齢250年の奇跡的古木から生まれる赤 / 2200yen

樹齢250年って・・・旧世界では聞いたこともない超古木。どうやって計ったんでしょうか・・・

 

彼の作る少し濁りのあるゴールド色をしたオレンジワインが強烈に印象に残っています。

ソムリエ 中森しゅう

投稿者: Montmartre bis

2017.06.02更新

bis Wine Club Vol.4

いよいよいよ、の6/4(日)ビス・ワイン・クラブVol.4にて、皆様にご試飲頂くワインのリストをば。

会場案内、時間などにつきましては詳細は過去のブログをご覧下さいませ。

 

情熱のスペイン

direアルタ・アレーリャ  『カン・ロカ』でもサービスされる実力

1.プリヴァット カヴァ ブルット・ナトゥーレ レセルヴァ 2014 <泡>

2.パルヴュス・シャルドネ 2016 <白>

3.ガルナッチャ2016 <赤>

 

 

 

direボデガス・ペドロ・エスクデーロ  知らなきゃ損ですこの白は!

4.フエンテ・ミラノ ヴェルデホ・ヴィウラ 2015 <白>

5.フエンテ・ミラノ ヴェルデホ 2015 <白>

 

 

direボデガス・クエヴァ  舌を巻いて下さい!樹齢100年・有機栽培・SO2無添加

6.オレンジ・バイ・マリアーノ 2016 <橙>

オランジュ

7.ティント・バイ・マリアーノ 2015 <赤>

 

シェフ植村自らのリクエスト!スロバキア

direスロボドネ・ヴィナルストヴォ  殆ど巡り合う事なきスロバキアを、この機会に!

8.デヴィネール 2013 <白>

9.パルティザン・クリュ 2012 <赤>

 

やっぱりフランス

direドメーヌ・オトゥール・ド・ランヌ  天才放浪醸造家ニコラ・ルナールの居候先

10.ワンダー・ウーマンヌ 2016 <ロゼ・泡>

ワンダーウーマンヌ

11.レ・ゼタ・ダンヌ 2015 <赤>

12.ボブ・ディ・ランヌ 2014 <赤> 音楽ファンは必飲?

ボブ・ディランヌ

 

 

direリリアン・ボーシェ  フィリップ・ジャンボン『全部一緒にしちゃえば?』発言で生まれたキュヴェ!

13.レルブ・フォール NV(’13-’16) <赤>

 

direシャトー・ヴァルコンブ  自然派の造り手がいない土地に進出した元・実業家

14.グラン・ヴェルジェ 2014 <白>

15.レ・オー・ド・ヴァルコンブ 2015 <赤>

 

direシルヴァン・ボック  マゼルの認めた後継者

16.フォー・サン・ブラン 2015 <微泡>

17.ルヴィヤン・ガメイ 2015 <赤>

18.レ・グルロ・ルージュ 2014 <赤>

 

direシャトー・レスティニャック  シュッド・ウエストのイメージが覆されます!

19.ブラン・クロワヴェ 2015 <白>

20.プルーフ 2015 <赤>

レスティニャック

 

 

direル・パン・デュ・シャトー  濃くて、安くて、美味しくて・・・

21.ラ・ファンタジー 2014 <赤>

 

direル・プチ・ドメーヌ  廉価なワイン産地の代名詞ラングドック、はもう過去の話

22.シクロープ 2012 <赤>

23.ラプソディ 2012 <赤>

 

当日はビストロ・モンマルトル及び、モンマルトル・ビス・スタッフもお客様に混じり試飲させて頂きます。

皆様も負けじ!と試飲をお願い致します。

 ソムリエ 中森しゅう

投稿者: Montmartre bis

BANTAGAVIN OKINAWA ナチュラルワインの自由なお祭り 本場のフランス語を学びませんか? ONLINE SHOP
ご予約・お問い合わせはこちら 098-885-2012
bnr_foot04_sp.jpg